News

News

校長あいさつ

 『チーム向陵』 夢をかなえる学校へ

                 

                    宮城県仙台向山高等学校 校長 遊佐 忠幸

2019.4.18 

 この度の人事異動により,宮城県貞山高等学校から4月1日付けで赴任しました。今までの宮城県仙台向山高等学校の素晴らしい取組と伝統を継承し,普通科と理数科それぞれの教育目標を融合させながら学校経営にあたりますのでよろしくお願いします。
 さて,本校は昭和50年4月に,仙台市内の高校進学率の高まりと人口の急増に対応するため,国立電波高等専門学校の校舎を転用し仙台市内の県立高校普通科としては初の男女共学の学校として開校しました。平成6年には理数科を設置し,卒業生は1万人を超えております。今年創立45年目を迎え,この間多くの有為な人材を社会に輩出し,宮城県における普通科と理数科の教育をリードする学校として歩んでいます。校訓は「自律・和敬」あり,「自分の言行に責任を持ち相互の敬愛協力を惜しまない人間を育成する」との思いが込められています。また,校章は校名の「向山」を図案化したものであり,青年の純粋性と理想を目指す向上心を表現しているのです。
 今年度本校は『夢をかなえる学校』を掲げ,「よき伝統」は生かしながら も時代の流れをしっかりとつかみ,「すべての取組は本校生の未来のため」を合い言葉に,県内の教育をリードする学校として新たな一歩を踏み出します。そのために,『チーム向陵』を重点目標とし,教職員全員が組織的に取り組むことで学習指導・生徒指導・進路指導のさらなる充実を図り,先進的な取組である「向陵Plearning」を活用することで生徒一人ひとりの『夢(進路希望)』が叶えられるよう努力してまいります。                                     

 本校は部活動も盛んであり,運動部・文化部を問わず多くの部が東北大会出場や県大会での上位入賞を目指して毎日厳しい練習に励んでいますので,各種大会での活躍が期待されます。 
 本校の特色をさらに高め,向陵生個々の「学力向上」と「進路希望」に対応した魅力ある学校として,「生徒の夢」を叶えていきたいと考えています。

平成31年度入学式

  春季大会壮行式

 

 

校長あいさつ


「平成最後の年末を迎えて」


                                                                 

校長 水口 俊彦

 早くも年の瀬となりました。今年はひとつの時代が終わりゆく中での,平成最後の年末でもあり,年末の気ぜわしさがことのほか感じられます。
 さて,本校 仙台向山高校も大きな学校行事,生徒会行事が一通り終わり,校内体育大会や向陵祭の成功には,実行委員の生徒たちをはじめ,多くの生徒たちが満足感,充実感を味わったように思います。また,強歩大会,向陵オープンセミナー等に積極的に参加する姿からは,高校生活をとおして体力,知力が蓄えられ,生徒たちの充実度を見ることができたと思っています。
 昨年度,向陵学習発表会として出発した向陵オープンセミナーは,11月5日(月)に仙台市太白区文化センター楽楽楽ホールを会場に行われました。2年生によるアカデミック・インターンシップの発表,理数科課題研究中間発表とともに,新しく1年生が始めたビブリオ・バトルの優勝者によるプレゼンテーションも加わり,昨年度以上に表現力に磨きのかかった各発表とともに,本校の特色を実感する一日となりました。記念行事として,同窓会のご協力を得て,「『表現』をしごとにすること」というテーマで,ユーフォニアム奏者の第10回生 石橋美奈子さん,ピアニストの第26回生 山形佑輔さん, 落語家の第40回生 春風亭与いち(角田 廉)さんをお迎えしてのパフォーマンスとお話に,会場一帯となって本校の歴史をつくる一日を過ごすことができました。
 加えて,翌日11月6日(火)には,東北工業大学大学院ライフデザイン学研究科教授の大沼正寛先生をお迎えして,「造形と数学~環境デザインをめぐって~」というテーマで理数科1年生の「数学出前授業」がありました。詳しくは生徒たちの感想レポートをこのホームページに公開していますのでご覧ください。生徒たちが数学を学ぶ意義を見いだすという点から,今後の課題研究ばかりでなく,学習全般へのモチベーションが高まったのではないかと考えています。
 3年生は本校での様々な学習や経験を踏まえて,これから大学入試という難関に向かっていきます。また,1・2年生はその後ろ姿を見ながら,学習や部活動に励んでいます。本年度も年度のまとめに向かう時期,さらに豊かさを増した仙台向山高校の取組にご注目いただき,ご支援を賜れば幸いです。

 

オープンセミナー理数科発表

理数科数学出前授業「造形と数学~環境デザインをめぐって~」

 本校理数科1年生41名は、平成30年11月 8日(火)3・4校時、大講義室において、昨年に引き続き、東北工業大学ライフデザイン学部安全安心生活デザイン学科 教授 大沼正寛先生を講師に招き、上記の題目で講義を行いました。

大沼先生から自己紹介

大沼先生から自己紹介

 

 【生徒の感想①】
 私は最初の事前学習の時点で、一度将来の夢として考えたことのある建築についてのお話を聞くことができるということで、とても楽しみでした。
 家というものは、縄文時代から現代に至るまでの長年、ずっとその時代の人々を包み込んできた必要不可欠なもので、環境、時代、流行、住む人々の好みによって様々なバリエーションがあり、一つ一つが被ることがなく、それぞれの個性が出てくるので、とても面白く、デザインだけでなく、材料、構成、材料や構成によって掛けた費用を見てみると、さらに色々な面白さが見えてくる。そんな建築に関して、端的にといえど、「Pattern(図形)」「Picture(画像)」「Proportion(比例)」「Structure(構造)」「System(組織)」の5つの視点から建物を観て、詳しく話を聞くことができ、さらに見るという視覚だけでなく、聴覚、触覚、嗅覚でも建物を観ることができるという可能性を知り、ますます建築についての興味が湧きました。これからももっと調べていこうと思います。

 

 

 

講義中の大沼先生(仙台の地図を示している)【生徒の感想②】
 数学の中でも図形はもとから好きだったので、今回の出前授業はとても興味深く面白い内容ばかりでした。また「デザイン」にもたくさんの種類があり、だまし絵や雪の結晶、建物すべてが「デザイン」であることを知りました。海外の綺麗な建築物が多く存在しますが、日本の建築も世界から注目されているほど素晴らしいものだと知りました。また、環境デザインというものは私たちが、“観る”ことと"創る”ことで成り立っているものということも知りました。美しい比例関係や法則性がデザインには宿っている、その美しさや法則性を記述するものこそ数学というもの。そして、快適で美しい建築の造形には、用(使いやすさ)、美(美しさ)、強(弱くない、簡単に壊れない)とコストの設計が必要であり、それを支えているものもまた数学という。
「デザイン」の中での数学を学ぶことができて本当に良かったです。今後の進路選択で役立てたいと思います。

 

 

 

 大沼先生の講義を受けている様子

大沼先生の講義を受けている様子

 【生徒の感想③】
 「数学」というものはどこでどのように生活上役に立っているものなのかを具体的に教えていただき、数学を学ぶ意味を改めて考えることができました。環境デザインや建築の分野において、使いやすさ、美しさ、強度、安心安全を支えているのが数学なのだと感じました。自分は今まで数学が身のまわりの生活で直接役に立っていることは少ないのではないかと思っていましたが、大沼先生の講義を受けて身のまわりには、こんなにも数学が役に立っていることがあるのかとすごく驚きました。
 また、先生のご自宅の“リノベーション”というものが興味深かったです。使いにくいなら、自分でつくるという発想が新しいなと思いました。今回の講義を受けて、数学の授業に対するモチベーションが上がったし、進路の視野も広がりました。わかりやすく丁寧な講義ありがとうございました。

【理数科について】
 仙台向山高等学校1学年理数科では,この数学の出前授業だけでなく今までもそれぞれの分野で大学・研究所訪問や野外巡検、向陵祭理数科展示なども行い、今後も 12月26日(水)生物巡検②  1月10日(木)天文学習会の行事があります。さらに、2月に行われる2年生の校内課題研究発表会(上位の内容は3月の県理数科課題研究発表会の代表となります)を経て、来年度に行われる課題研究のテーマを「物理」「化学」「生物」「地学」「数学」の中から選ぶことになります。

第41回卒業証書授与式

 平成30年3月1日(木) 第41回卒業証書授与式が挙行され,196名が卒業いたしました。
入学してからの3年間,多くの方々に支えていただき,この日を迎えることができました。
皆様方に感謝申し上げます。

 

 

 

平成29年度「みやぎ高校生フォーラム」

 平成30年2月10日(土),県庁講堂で行われた「みやぎ高校生フォーラム」に,本校生徒会副会長2名が参加しました。この行事は,日々の学習や体験を通じて培った志や将来への思いを各学校の発表や意見交換をとおして共有し,自らが社会で果たすべき役割を考えることが目的です。
 本校では,地域貢献活動に様々な形で取り組んでいます。たとえば,通学委員会による自転車通学マナーアップ運動,吹奏楽部においてはふれあいコンサートや山の上ニコニコ演奏会等,茶道部においては七夕茶会における呈茶,JRCによる盲導犬募金活動,各クラスのLHRにおいては地域清掃活動にそれぞれ取組んでいます。生徒の皆さんには,地域に貢献することにより,社会における自己の役割をしっかり自覚してほしいと考えています。

 

【参加生徒の感想】

 多くの高校生が集まり,ポスターセッションの発表を聞いたり,代表校のステージ発表を聞いたりしました。各校が様々な活動を自発的に行っていることを知りました。同じ高校生でも多種多様な活動ができることに驚きを感じ,それと同時に私たち仙台向山高校生徒会としても,今よりももっと地域に貢献できる活動はないだろうか,何か小さなことからでも始められるのではないだろうか,と考えさせられました。


 今回参加させていただいたみやぎ高校生フォーラムでは,私たちの志と地域貢献をテーマに発表し合ってきました。本校でも地域貢献活動は盛んに行われていますが,他校で取り組んでいる「地域で子育てを行うための活動」・「視覚障害者への支援活動」などがとても参考になりました。人と人とがつながるよう相手側の立場に立った活動は,難しいことですが地域が一体となる鍵になりそうです。そして,本校でも取り入れられる地域貢献活動はまだまだたくさんあると思います。